思春期ニキビ 治し方

思春期のニキビの原因と治し方

ニキビが一番気になるお年頃といえば思春期。
ホルモンバランスが安定せず、脂の分泌も多い時期のため、気をつけていてもニキビがたくさんできているという人は多いはずです。

 

しかし、たくさんできてしまうからといって放っていると、ニキビ跡が残ってしまい、後々の人生にまで影響を及ぼす可能性があります。
しっかりケアをしていきましょう。

 

この時期に特にニキビができやすのが、おでこと鼻の周り。
場所別に対処の方法は異なりますが、まず基本は洗顔をしっかり行うこと。
といっても、一日何度も洗顔料を使って顔を洗ってしまうと、保湿に必要な脂までなくなってしまい、
もっと脂を出さねばと余計に脂ぎった肌を作ってしまうことになります。

 

あくまでも洗顔は一日に2回程度。しっかり洗顔料を泡立て、優しく洗ってしっかりすすぐようにしてください。顔を拭くときには清潔なタオルを使い、化粧水などを使う場合にも綺麗な手で顔に触れることが重要です。

 

おでこにできたにきびの場合、髪の毛が原因で悪化している場合があります。
毎日洗っていたとしても、髪の毛はほこりや汗で汚れています。
それが肌に触れることで炎症を起こしたり、ニキビを悪化させていることがあるのです。

 

できてしまったニキビを前髪で隠したいという気持ちはわかりますが、
できればニキビに髪の毛が触れないようにした方が、早く治るはずですよ。

 

次に鼻の周りにできたニキビ。鼻は毛穴が多く、脂の分泌も活発な場所です。
そして思わず手で触ってしまいがちなのもこの場所。
また、紫外線を多く浴びることでもニキビはできやすくなりますので、
できるだけ鼻には触れず、日焼け止めを塗ることが最も重要なニキビ対策だと言えるでしょう。

 

 

思春期ニキビと大人ニキビのケアについて

 

ニキビには、思春期の頃にできるニキビと、大人になってからできる大人ニキビがありますが、
それぞれ原因が異なりますので、それぞれにあったケアが大切でしょう。

 

思春期にできるニキビは、主に過剰に分泌される皮脂が原因です。
これは若い方に多く見られる特徴で、皮脂が多く分泌され、それにより毛穴が詰まってしまい、ニキビができてしまいますので、主に思春期のニキビと大きく関連がある、アクネ菌に効果のあるニキビケア商品を使ってあげると効果的でしょう。

 

また、大人ニキビの主な原因は、お肌の乾燥によるものがあるでしょう。
大人になると皮脂の分泌量はグンと減りますが、その代わりにお肌の乾燥が進行し、お肌が乾燥してしまうことで毛穴が塞がってしまい、スムーズに皮脂が分泌できなくなってしまうことで起こってしまうものです。

 

従って、お肌をしっかりと保湿し、お肌を柔らかく保つことが大切になってくるでしょう。
たっぷりのお化粧水でお肌に潤いを与えてあげることで、徐々にお肌が改善してきますので、それによって毛穴の通りも元通りになり、皮脂の分泌もスムーズに行われるようになるでしょう。

 

もし、お化粧水を十分に付けていてもニキビが改善されない場合は、まだお肌が乾燥していることが考えられるでしょう。
洗顔料には、余分な皮脂までも取り過ぎてしまうものがあります。

 

界面活性剤などが含まれているものは、洗浄力がとても強いですので、できるだけ、そのようなものが入っていないものを選んであげるといいのではないでしょうか。

 

洗顔料の中でも特に洗顔石鹸には、皮脂を落とし過ぎずに、かつ潤いも残してくれるものがありますので、大人ニキビの改善にはとても効果的かもしれません。

 

ニキビを本気で治したいならば、ニキビ専用の洗顔料を使うことをお勧めします。あなたに合った洗顔料を探すならニキビ洗顔ランキングがお勧めです。毛穴に詰まった皮脂を泡の力で取り除いて、保湿してくれるものばかりですから、洗顔料や石鹸をどれにしようか迷っているならばぜひチェックして下さい。