ニキビ跡 治し方

ニキビ跡の治し方が知りたい

思春期ニキビが治っても困るのがニキビの痕、つまりニキビ跡です。
ニキビ跡はニキビが炎症し過ぎてそれが傷になって残ってしまい赤かったり紫だったり色が残ってしまう事を言います。

 

もちろんニキビ跡は治ります、ですがかなりの時間がかかります。1ヶ月だったり半年だったり、長い人では年単位でも治らないという人もいます。

 

人には色々の肌質があり、ニキビ跡が出来やすい人出来にくい人がいます。
これはどうしようもないので、出来てしまったときになるべく早くニキビ跡を治す方法を書きたいと思います。

 

まず、弄らない触らない見ない、これが大事となります。
ニキビ跡はどうにか弄る事で早めに治せるのではと思うかたもいるでしょうが、余計に悪化してしまい治るのに時間をかかってしまう恐れがあります。

 

触らないというのは、顔が痒くても何があっても触らないと言うことが大事です。
服が顔に当たったり寝るときに顔が毛布に当たってしまったり、そういうところを無くすようにしましょう。

 

見ないというのは精神的なものです。ニキビ跡は長い時間をかけて治していくものです。
誰だって今すぐにでも治してしまいたいものですがそう上手くはいきません。

 

そこでニキビ跡を見てしまうとどうしても気になってしまうので朝起きて鏡で顔を見ることはなるべく避けましょう。ニキビ跡は触ることもそうですが、精神的な部分も大きいと思います。

 

朝起きて鏡を見てニキビ跡を見てどんよりとした気持ちで学校、会社にいくより、いっそ見ないで何にも気にせずにしていく方がニキビ跡の治りも早くするものだと思います。