大人ニキビ 思春期ニキビ 違い

大人ニキビと思春期ニキビの違いとは?

思春期ニキビは、10代の時期にできるニキビのことです。
思春期ニキビができる原因としては、体を作るための成長ホルモンが活発なことによるものです。

 

成長ホルモンが皮脂腺を刺激し、皮脂が過剰に分泌されることによって、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすくなってしまうからです。

 

思春期ニキビは、成長ホルモンの分泌が安定する20代になると、自然と治っていきます。
大人ニキビは、思春期を過ぎて大人になってからできるニキビのことです。

 

大人ニキビの原因は様々あることが特徴となっています。
不規則な食生活や睡眠不足、喫煙、飲酒、ストレス、ホルモンバランスの崩れなど、人それぞれの原因によって発症します。

 

ストレスや不規則な生活習慣によって、肌のターンオーバが崩れ、ニキビができやすくなるともされています。古い角質の蓄積と肌の乾燥によってもニキビが発症します。

 

また、症状もそれぞれ異なります。思春期ニキビは額や頬にかけて、皮脂が多く分泌されやすいTゾーンにできることが多くなっています。
皮脂が原因である脂っぽいニキビであるため、洗顔などのケアにより改善することが多いです。

 

しかし大人ニキビは、様々な原因により発症するため、その症状も多種多様となっています。
口やあごのまわりにできやすかったり、乾燥ぎみのニキビができたり、ポツポツとしたニキビが繰り返しでき治りが悪いなど、様々となっています。

 

大人ニキビの場合原因によりますが、バランスのいい食事を摂ったり、規則正しい生活習慣にすることで改善される場合が多いようです。